今よりいい薬剤師の求人を見つけるためにポイントをチェックしよう

ロゴ
HOME>トピックス>薬剤師の需要は高い!よりよい求人を探すためにできること

麻酔科で行なっている主な仕事内容

麻酔科の仕事内容は、手術時に麻酔をかけるとともに、手術中の患者さんの心拍や血圧を管理することです。また、痛みの度合いに合わせて鎮痛剤や麻酔薬を投与する疼痛管理や、患者さんの生理機能をモニターして手術を滞りなく終わらせるサポートをします。

薬剤師に転職するための求人を探す上で重視するべき条件

履歴書

職務の内容

薬剤師の仕事は、職場によって全く異なると言っても過言ではありません。病院や薬局は調剤と共に使い方の説明、ドラッグストアなら調剤の他に品出しやレジ打ちなども業務に含まれることがあります。どのような職務条件で働くのかを確認するようにしましょう。

フォロー体制が整っている

新しい職場に慣れるまでは何かと不安なものですが、フォロー体制が整っていることも求人を探すうえで重視すべき条件です。研修制度が整っており、万全の態勢で新しい職場に挑める環境が整っているところがよいでしょう。キャリアに合わせた研修を用意しているところもあります。

収入や休み

また、働くうえで収入や休みは非常に大事な条件となります。一般的には高収入は休みが少なく、休みが多いと収入が少なくなりますが、自分のライフスタイルに合った条件の職場を選ぶのが賢明です。小さな子供がいる人は、土日は必ず休みなどの条件で探すと良いでしょう。

薬剤師の需要は高い!よりよい求人を探すためにできること

面接

薬剤師になるために必要な資格

薬剤師になるためには、薬剤師の国家資格を取得する必要があります。この資格は、6年制の薬学部卒業生しか受けることができません。そのため、薬剤師を目指す人は、まず薬学部に入学することから始めねばならないでしょう。国家試験は選択問題のほか記述試験もあり、薬に関する知識をしっかりとつけておかねばなりません。

広告募集中